敏感肌 シミ

敏感肌の人は美白の効果が出にくいってホント?

「敏感肌の方は美白効果が出にくいってホント?」このような質問が寄せられています。

 

美白化粧品のメカニズムを探ってみると、肌のターンオーバーを高めてシミを薄くはがしていくという考え方のもとで作られています。

 

ターンオーバー効果を早めるために高濃度ビタミンC誘導体を配合している商品がほとんどです。

 

また、成分を安定させるために防腐剤や酸化防止剤などもたっぷり含まれています。これらの成分が敏感肌を刺激してしまい肌荒れ・吹き出物などの症状を引き起こしてしまいます。

 

またこれらの成分から肌を守るために皮脂が過剰分泌される、メラノサイトと呼ばれるシミ成分が過剰に生成されるという悪循環を引き起こしてしまうのです。

 

そのために美白系スキンケアを使えば使うほど肌に負担をかけてしまうのです。またターンオーバーを高める美白系スキンケアは肌の機能を亢進させてしまうことも考えられます。

 

丈夫な肌を作る準備が出来る前に代謝されてしまうので、シミが濃くなってしまったり白斑と呼ばれる特異な肌の白抜け症状ができてしまったりもするのです。

 

本当にシミのない肌、黒ずみのない肌を作りたいのであれば、美白化粧品に頼らず、肌の機能を回復させてくれる敏感肌用スキンケアにスイッチすることが一番です。

 

高保湿タイプの敏感肌用スキンケア化粧品も年齢に応じた商品を選ぶことで効果を実感することが出来ます。

 

もちろん、肌にやさしいマイルドな処方のものを選べば肌をふっくらさせてくれますし、荒れ性の肌も次第に改善されていきます。