敏感肌 シミ

敏感肌の人はシミが濃く見えるってホント?

敏感肌の方はシミが濃く見えてしまうというお話を聞いたことがありますか?

 

肌が敏感な方は、角質が乱れた状態になっています。外界のあらゆる物質から攻撃されやすい状態にあり、肌の防御反応として皮脂を過剰に分泌したり、メラニン色素が過剰に生成されます。皮脂が過剰分泌されればニキビの原因となり、治りが遅ければ色素沈着型のシミが出来ます。

 

またメラニン色素が過剰に生成された肌ではシミが一旦出来てしまうと固定型のシミとして濃く見えてしまうのです。肌のくすみ度合いによっても濃く見えることがあるのです。

 

シミを治したい気持ちから、肌に合わないスキンケアコスメをたっぷり使ってしまえば、肌荒れを増長させてしまいます。そうすればメラニン色素が肌を守るために過剰生成されてしまうので悪循環が止まらない状態になってしまいます。

 

中には美白化粧品によって肌のターンオーバーが乱れ、肌が不自然に白抜けしてしまう方もいらっしゃるほどです。シミがなかなか治らない、治りにくさを感じているのであれば、美白化粧品から敏感肌のためのスキンケア化粧品に切り替えてみましょう。

 

敏感肌の方に補って欲しいのは美白のためのビタミンC誘導体やメラノサイトをブロックする物質ではなく、水分です。

 

肌の奥深くまで保湿成分を届けてあげることで肌のターンオーバーを正常化し、角質の乱れを整えてくれます。

 

スキンケアで角質の乱れが整ってくることで、化学物質や紫外線に強い肌を作ることができるので、シミや吹き出物などができない肌に変わっていきます。