敏感肌 シミ

敏感肌の人が絶対やってはいけないスキンケアって?

敏感肌の方はすぐ肌が赤くなってしまったり、ひりひり感を感じてしまう、カブレなどが生じやすいなどたくさんの悩みを抱えているはずです。

 

吹き出物ができやすいなどと悩むこともありがちです。シミを改善するために敏感肌の方が間違ったスキンケアをすることで悪循環を招いてしまいますので、気をつけなければいけません。

 

第一に注目したいのは合成界面活性剤です。化粧品の一部に添加されている合成界面活性剤は肌に負担を掛けてしまいます。

 

スキンケアには合成されたものではなく、植物由来の界面活性剤などが含まれているものを選びましょう。

 

洗顔料などは純石けんを使用することをお勧めします。もちろん、力強く洗うのはNGです。

 

クレンジングはウォーターベースのアミノ酸系洗浄料がベストです。オイルクレンジングは肌の水分を奪ってしまいます。

 

中には肌のベタつきや吹き出物解消のために収れん化粧水やさっぱり系の化粧水を使っている方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、実はこれが一番やってはいけないスキンケアです。アルコールは敏感肌には大敵です。

 

もちろん防腐剤や鉱物油などが含まれた化粧品もタブーです。これらが含まれない敏感肌用の化粧品を使いましょう。

 

シミの改善を試みるために美白化粧品を使っている方もいらっしゃるようです。

 

中には効果を感じないという方もいらっしゃるはず。角質が乱れた状態に美白化粧品はNGです。

 

まずは敏感肌用の化粧品で保湿をしっかりして肌の状態を普通肌に近い状態にまでトリートメントしていきましょう。これだけでシミはゆっくりと改善されていきます。