敏感肌 シミ

敏感肌は紫外線ダメージを受けやすくシミになる

「敏感肌の方はシミが濃くなる」「シミができやすいのは敏感肌の印だ」など多方面でよく言われています。

 

敏感肌の方は、化粧品や外気の中に含まれる化学物質、衣服などの刺激で肌バリア機能が乱れた状態になっています。

 

肌バリアが乱れた状態になると、更に刺激を受けやすい状態になってしまいます。センシティブな肌の方は皮膚が薄い状態でもあるため、紫外線ダメージを過度に受けてしまう肌になっています。

 

肌の内部では防御反応としてメラニン色素が過剰に生成され、肌内部への紫外線ダメージを防ごうとする働きが高まりますので、シミが色濃く浮き上がってしまいます。

 

このメカニズムから、敏感肌の方はシミができやすいと言われているのです。これを踏まえてスキンケア化粧品を使ってシミが出来るのを抑制しようとすると、肌の角質層が更に乱れてしまったり、肌のターンオーバーが亢進状態になってしまい肌に白いまだら模様ができてしまうなどのトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

 

もちろんAPPS(高濃度ビタミンC誘導体)などの成分で肌あれを助長してしまうことも考えられます。

 

更に紫外線ダメージでメラニン色素の生成が促進されてしまうような悪循環を招いてしまいますので、敏感肌用のスキンケア化粧品を使って肌に水分を保ち続けられるような環境を作ってあげましょう。

 

角質層に水分が行き渡ることで肌の乱れが治まり、メラニン色素の過剰な生成も落ち着いていきます。化粧品に頼るだけではなく、肌を優しくいたわるためのスキンケアを行うことも大切です。