敏感肌 シミ

敏感肌に刺激はダメ!正しい洗顔を心がけよう

敏感肌の方の皮膚は薄く、少しの刺激でも肌が赤くなってしまったり、シミが強くなることもあります。

 

スキンケア化粧品を敏感肌用のものに変えても、洗顔方法が間違っていれば化粧品の効果を得ることができません。

 

まず、洗顔にはぬるま湯を用意します。

 

洗顔料はクリームタイプの物を選びます。

 

オイルクレンジングは肌の水分を奪ってしまいますのでNGです。

 

こちらもバームタイプやクリームタイプのものを選びましょう。

 

バームクレンジングは、温めて固形分をゆるくしてから使います。

 

敏感肌の方が洗顔料で顔を洗う際は泡立てネットを使ってたっぷり泡立てましょう。

 

たっぷりの泡は肌に負担をかけずに汚れを洗い流します。

 

たっぷり泡の表面張力で汚れを吸着させる働きもあります。

 

そして、すすぎは念入りに行います。

 

特におでこの生え際やこめかみは洗浄料が残りやすく吹き出物の原因につながりますのでしっかり洗い流しましょう。

 

敏感肌の方で石油系界面活性剤を使用したスキンケアコスメに不安を感じる場合は、石けん素地分が高い洗顔石鹸スキンケアにを使うことをおすすめします。

 

肌の潤いをしっかり残してくれますし、安価で購入できるのも嬉しいところです。

 

石鹸でもたっぷり泡で洗うことがポイントです。

 

しっかり洗い流し、タオルで軽く水分を押さえた後は保湿系基礎化粧品を肌になじませ水分をたっぷり与えてあげましょう。

 

これを朝晩続けるだけでシミが薄くなり肌がキレイに変わっていきます。

 

また、フェイスブラシで肌をゴシゴシ洗うのはシミを増やしてしまいますので避けましょう。

 

毛穴をキレイにしたい場合は、シミを増やすリスクがないまゆ玉を使う事をおすすめします。